呉蝶鮫へようこそ!



チョウザメ(キャビアフィッシュ)は頭からシッポまで食べられる

 キャビア・フィッシュの名前は、チョウザメと「サメ」が付いていますが、実はサメではありません。

その身体的特徴も生態も、多くの面で異なります。

  • 名前の由来

    全体的にサメに似ていること、ウロコの形が蝶に似ていることから名付けられた。

  • 体のつくり

    ●タイやヒラメと同じく腎臓を持ち老廃物は全て体外へ、
    だから魚肉は臭みがなく淡泊な味わい
    ●浮袋がある

  • 体格特徴

    ●全骨魚類
    ●体長は、1m前後。種類によっては3m以上
    ●長い鼻が特徴!口が下についている点はサメに似ている
    ●鼻の下についた4本の髭でエサとなる節足類や甲殻類を探す
    ●歯がない

  •  

 呉蝶鮫では、国産のフレッシュキャビアの予約販売を行っております。

大切に自社で育てた蝶鮫から取れるごく僅かなキャビアです。

キャビア以外にも、蝶鮫は頭からしっぽまで食べられると言われているように食肉もオススメしております。

期間限定の販売になっております。

是非お試し下さいませ。

 

 

チョウザメといえば最も有名なものがキャビアです。
チョウザメの卵を塩漬け処理したもので、魚臭さがなく濃厚でクリーミー。

フォアグラやトリュフと並んで世界三大珍味にあげられています。

キャビア瓶詰め
10g4950